自分の心の傾向に流されない、のみ込まれないために。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、安藤ひさこです。

三男と娘が宿題の話をしていました。

三男「小学生の宿題って多いな~。夏休みなのに、休めないね」

ほんとだな~、子どもたち、夏はあれこれ忙しい。

ボーってする時間もいるよね~。

 

さて昨日

「・普段はのんびりしているのに、切羽詰まってくるとイライラ。

そして結局うまくいかないとなると、どうせ私はダメだと落ち込む。

・うまくいっているときは「よし、いいぞ!!」って強気だけど、

思ったようにいかないと「なんで?どうして?誰のせい?」と夫や子どもに当たり散らす。

そしてどうにもならなくなると「どうせうまくいかない」と落ち込む。」

 

私も自分自身の基調となっている心の傾向を持ちながら、

事態の移り変わりによって、状況の変化によって心が動いていきます。

 

その流れに流されない、のみ込まれないことが

自分の生き方を転換していくことにつながります。

 

例えば、

 

普段はのんびりしているのに、切羽詰まってくるとイライラ。

そして結局うまくいかないとなると、どうせ私はダメだと落ち込む。

 

そんな流れにのってしまうと、私は自分を責めることだけで事態を収束してしまうという形で終えてしまうのです。

それで問題解決にまでいつも至らず、不満足な状況を生み出しています。

 

そこで

切羽詰まってきたと感じたときに「ちょっと待てよ」をかける。

この状況になると、私はいつもイライラし出すんだなって気づく。

「立ち止まること」がいつものパターンに押し流されない大きな一歩になるのです。

 

その気づく力を育むのがまあるい心ワークです。

 

一瞬で流れていく心の動きをキャッチする。

それは日々のトレーニングで必ずできるようになります。

 

ワークシートを何十枚と書いてくださっている受講生の方は

「今は心が動いた!!って感じがわかります。

その時に頭の中でシートを書きます。」

っておっしゃいます。

 

「あっ!動いた!!」

その感覚をつかむだけでも、実は一瞬流されていく行動パターンを止めているのです。

それがいつものパターンにのみ込まれない大きな一歩となります。

新しい行動を選択する心のゆとりがも生まれます。

あなたが本当に望む関係と未来のために、あなたの行動を選び直すきっかけとなるのです。。

 

まあるい心ワークグループセッションは、9月7日(金)を予定しています。

ご希望の方はお問合せ下さいね。

 

8月の勇気づけお話会の予定はこちらです。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*