自分の心の傾向を知るのはたやすいことではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、安藤ひさこです。

ただ今、子どものこころのコーチングインストラクター、笑み育カウンセラーの養成講座で学んでいます。

 

私が自分の心を向き合おうとしたきっかけは、怒りでした。

何かあると瞬間湯沸かし器のように怒り狂ってしまう自分がいたからです。

そのため、夫は子どもとも破壊的な関係に近い状態でした。

そこで自分のこころと向き合うということを重ねてきました。

今もその取り組みは続いています。

 

自分のベースになっている心の傾向を考えるとき、特定の人間関係だけに注目して考えないということも大事です。

家庭で、職場で、友人関係などで自分はどう他者に振舞っているのかを考えることが必要です。

なぜなら人によってふるまいを変えるからです。

でもその根底に必ず心でつぶやいている傾向があるのです。

 

また、現在だけではなく、過去の自分はどんな言動を繰り返してきたのか思い返すことも必要です。

・育ってきた中での幼かった自分

・学生時代の自分

・社会に出たころの自分

・結婚した頃の自分

・人生の岐路に立った時の自分

その頃の自分を思い起こしながら、自分はその頃どんな心の傾向に支配されてきたのかを考えてみる。

 

自分はこうだというものはなかなかつかめません。

 

若いころの私は普段はのんびりしているのですが、切羽詰まってくるとイライラ。

そして結局うまくいかないとなると、どうせ私はダメだと落ち込む。

そんなことを繰り返していました。

結婚してからは、こんな傾向もありました。

うまくいっているときは「よし、いいぞ!!」って強気ですが、

思ったようにいかないと「なんで?どうして?誰のせい?」と夫や子どもに当たり散らす。

そしてどうにもならなくなると「どうせうまくいかない」と落ち込む。

周りの出来事によって自分の心は移り変わっていくのです。

 

なので、その自分の心の傾向を点検しておくことは、自分を知る大きなステップになります。

 

そんな自分の心の動きをつかむのがまあるい心ワークです。

まあるい心ワークでは出来事に対する感情の流れと心のつぶやきをつかみ、今の心の傾向を見つめ本心につなげる為の行動を考えていきます。

 

そして、もう一つ今学んでいる笑み育カウンセリングで使ぅワークシートは、過去の自分を振り返っていきます。

過去に自分が出来事を通し、何を感じてどんな思い込みを握り占めたのか?

まさに自分の心の傾向を作り上げてきたところを見ていきます。

笑み育シートは過去のトラウマを癒していくことができます。

笑み育ワークシートのセラピーのモニター募集をしています。

 

8月の勇気づけお話会の予定はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*